手持ち服の圏外を知る

July 3, 2018

 

女ですもの。

オシャレになりたいし、買い物だって大好き。

 

でも私は自他ともに認めるケチ。

 

2000円以上する服はちょっと躊躇してしまう。

 

というか、よっぽどのことがない限り手に取らない。

 

それでも、仕事柄(人前に出ることが多いので・・・)チープ感漂う洋服は着られない&TPOに合わせてバリエーションも求められる。

 

だから、洋服を買う時はかなり慎重になる。

 

今持っている洋服との相性はどうか、着回しが効きつつ、ウィットに飛んだ要素を持ち合わせているか。年齢的にイタくないか ← これ重要。

 

 

悩みに悩んで購入した洋服ばかりだから一度手にすると、とことん着倒す。

 

2000円以上は出したくないので、ほとんどの洋服がsale品なんだけど。(しかも70%以上じゃないと絶対買わない。いや、70%でもちょっと渋るか?? )

 

sale品とはいえ、自分が気に入って手にしたものだから、コスパは最強。

長いモノだと平気で15年くらい着続けている。

 

 

ただし、前述したように買い物だって楽しみたい。

 

素敵な洋服に出会った時のトキメキは、思春期に感じた「あっ♡亮平君と目が合っちゃった♡もしかして彼も私の事が好き!?」の感覚に似ているから、その恋をどうしても手に入れたいと思ってしまう。(変態妄想で申し訳ない。鈴木亮平が最近ツボなもんで。)

 

でもちょっと待て!よく考えろ!!と踏みとどめてくれるのが今手持ちの洋服たち。

 

 

クローゼットの中には今の私が着たい洋服しか入れないようにしている。

という事は、新メンバーを入れるために過去の洋服を手放さなければいけないということ。

 

 

悩んで悩んで、「やっぱり今の洋服たちが大事。別れられない。」と思った時には、恋に落ちた洋服を諦めるし、「ゴメンネ。あなたとは惰性で付き合っていたのかも」と思った洋服は潔く手放す。

 

ゴミにするのは忍びないので、いつもリサイクルショップに引き取ってもらうのだけれど、先日も5着売って211円。

 

 

 

んー。私が後生大事にしたいと思っていた洋服たちは、他の人からみるとこれっぽちの価値しかないのか・・・。

 

 

まぁね、格安で手に入れたものだから贅沢は言わないけどさ。。。なんだか切ない。

 

だからいつも思う。

 

洋服が捨てられない。まだ着るかも。高かったし。なんて思っていても、しょせん他人にとっては数十円程度の価値。

 

 

その数十円の価値のために、クローゼットを圧迫し、素敵な洋服に出会う機会を逃すのはとてももったいない。

 

今ある洋服をただ持っているだけでなく、日ごろから「そろそろこの服も潮時かな・・・。」という感覚を持つって大事なんじゃないかな。

 

 

洋服に関してはこちらにも記事にしています。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon
FOLLOW ME
SEARCH BY TAGS
Please reload

FEATURED POSTS

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

INSTAGRAM

1/9
ARCHIVE
Please reload

© 2017 by allday today

Proudly created with Wix.com