無印良品週間じゃなきゃ買えなかったモノ

April 6, 2018

 

長年使っていた食器棚を処分して、新しいモノに替えてみようと思った4月。

 

思いつきで買えるような安価なものではないので、吟味に吟味を重ねて、自分と家族の暮らしに照らし合わせながらどれがいいか検討。

 

作業スペース用の天板はステンレスがいい。

下はゴミ箱を設置したいからオープンスペース。

食器やこまごましたものを仕舞える棚板も必要だし、材質は天然木がいい。

 

 

なんてことを思っていたら、ぜーんぜん希望通りのモノがない!!!

幅が狭かったり、奥行きが長すぎたり・・・

 

ベストなモノと巡り合うって大変なのね。

 

結局、なんだかんだ言って、無印のユニットシェルフが自分仕様に出来るとわかって、理想を全部詰め込んだら、15万円~!!!

 

マジかよ!そんな金どこにあるんだよ!!!

 

そんなわけで、予算をみながら自分の収めたいモノと、棚板の枚数、配置などを考えてパズルのように仕上げてみた。

 

 

収納用品を購入する時、失敗しがちなのが何を収めるのか考えず、とりあえず購入して後で収めるモノをはめ込むパターン。

 

これだと、収納したいモノと収めたい場所のサイズが合わず「しまった~!サイズを間違えたー!!」となりがち。

 

私もこれで何度大事なお金をドブに捨てたことか・・・

 

大事なのは、何をどこにどうやって収納したら自分の行動パターンにマッチし、作業効率が向上するのかということ。

 

キッチンはただでさえ形や大きさがバラバラなものが集まりやすい場所。

 

だからちゃんと整っていないとどうしようもなく動きづらく、料理を作るという目的が果しにくくなってしまう。

 

料理が苦手だからこそ、ゴハンを作る!と思った時に作れないと、それだけでテンションダダ下がりになるのよね。

 

 

天板の位置は床から何センチがベストか、コップ類はどこに配置すれば子供たちも取り出しやすいか、いろいろなことを考えると、マジ面倒くせー!!って思うけど、日々のプチストレスから解放されることを考えたら、ココが踏ん張りどころ。

 

無印に出向いて不審者のようにユニットシェルフを眺めて眺めて、ようやく購入できた。

 

 

さて、私のイメージとピッタリかしら?

紙面と脳内で完成形が出来上がっていても、モノが届くまではわからないというのはやっぱり不安だわ。

 

だって!お金かかってるんだもーん!!!

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon
FOLLOW ME
SEARCH BY TAGS
Please reload

FEATURED POSTS

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

INSTAGRAM

1/9
ARCHIVE
Please reload

© 2017 by allday today

Proudly created with Wix.com